スポンサーリンク

fedora にリポジトリを追加する[rpm fusion]

Fedoraを始めとしたLinuはオープンソースでノーライセンスのソフトウェアしかリポジトリに追加されていません。もちろん普段使う分で問題がなければそのまま利用しても良いのですが、必要なソフトがリポジトリにない場合新たにリポジトリを追加することでダウンロードできるようになります。

環境

今回はFedora25を利用します。

RPM Fusion

Fedoraプロジェクト関連のRPM Fusionチームがオープンしたリポジトリです。
ライセンス問題でFedoraの標準ライブラリに追加できないソフトウェアを集めています。

手順

freeとnon-free

RPMFusionのリポジトリはfreeとnon-freeの二種類があります。ここで注意が必要なのは両方のリポジトリを追加しなければならない点です。

もちろんnon-freeを追加したからと言って料金が発生したりはしません。

追加

方法は非常に簡単です。コマンドを一つ実行するだけです。

補足

もちろんRPMとしてダウンロードして、追加することも可能です。それを行うとインターネットに接続されていない場合でもリポジトリを追加できます。

その場合以下のサイトからRPM をダウンロードできます。
(RPM Fusion)

それかwget コマンドでも取得できます。

その後、下記のようにコマンドを実行します。

確認

インストールされたかどうか確認しておきましょう。ついでにRPM Fusionをアップデートします。

上記のコマンドを実行して、以下のように出力されれば成功です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)