スポンサーリンク

Ubuntuでデバイスをexfatにフォーマットする方法

先日ubuntuでUSBをexfatにフォーマットする際にちょっと手こずったので紹介。

結論

exfat-utils をインストールする。そしてmkfsでフォーマットする。

/dev/sd はフォーマットするデバイス名

環境

vBoxにて仮想環境化
Ubuntu 16.04
(Ubuntu server 16.04での確認済み)
デバイスは仮想VDI 4GB : /dev/sdb

コマンドの紹介

今回扱うのは mkfs というコマンドです。デバイスにファイルシステムを作ることができます。
基本的なデバイスのフォーマットコマンドは二種類あります。

管理者権限下でmkfsを実行し、オプション-tでファイルシステムを指定し、デバイスを指定する方法。
もう一つ、mkfs.[filesystem]で直接実行する方法。結局は同じプログラムが動作しているのでどちらでも問題ないです。

例)

とりあえず実行してみる

結果

mkfs.exfatというコマンド、ないしファイルが存在しないようです。
ちなみにコマンドは間違っていません。試しにフォーマットの部分(exfat)の部分を他のもの(ext4)などに変えてみると正常にフォーマットされます。

exfat-utilsをインストールする

と入力するとexfat-utilsをインストールするように言われます。なので、インストールします。ログのコマンドをそのまま実行!

これでも、問題なさそう。
※アップデートを定期的に行っていない場合はsudo apt-get upgradeを実行しておくと尚良。

フォーマットしてみる

どちらのコマンドでも問題なく実行できた。

なんで?

ではなぜこのexfat-utilsをインストール必要があるのでしょうか?と言うよりなぜはじめkらインストールされていないのでしょうか?
exFATはMicrosoft が開発しました。その際、特許も取得しています。特許取得によりライセンスフリーではなくなったわけです。Linuxは初期状態ではライセンスフリーのもののみを実装するのではじめはインストールされていないのでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)