スポンサーリンク

Fedora25 インストール手順

どうも、Fedora大好きな管理人です。今回MacBookProにFedora25を導入しようとしたのですが、残念ながらできませんでした。今後成功したら記事にしようと思います。

そこで、仮想環境にFedora25をインストールしたので、Fedora25のインストール手順を書いておこうと思います。今後設定等も記事にしていくので少々お待ちを。

イメージ(.iso)のダウンロード

まず初めに当たり前ですが、Fedora25のイメージファイルをダウンロードしてきます。

Fedora25のダウンロードはここから。

起動用LiveUSBを作る

Fedoraは25から非常に簡単に起動ディスクが作れるようになりました。24以前は他のOS同様イメージファイルのみダウンロードしてきて、他のソフト等を用いてUSB等に書き込む必要がありました。しかし、Fedora25では書き込むソフトと共にダウンロードすることができます。

環境:Mac

ダウンロードしてきたファイルを起動します。

警告が出る場合は無視してください。 

一番上のworkstationをインストールします。

必要なファイルのダウンロードが始まります。終了したらデバイスを選んで書き込みます。

書き込みが終了したら閉じて終わりです。

 

インストール

いざ!インストールをしていきましょう。起動するとこんな感じになると思います。基本はどちらでも構わないのですが、メンドくさがり屋の私は上の「Start Fedora-Workstation-Live-25」を選択します。

起動したらログイン画面が出るのでログインしてください。

インストールするので、左ですね。

今回は日本語で進めていきます。

インストール先等の設定を行います。それ以外は自動で設定されていると思います。

今回のインストール先です。確か10GBも必要なかったと思います

インストール中にパスワードとユーザーの設定を行います。

root(管理者)のパスワードを設定します。私みたいに脆弱なパスワードを設定してはいけませんよ。

次にユーザーを設定します。

「このユーザーを管理者にする」にチェックを入れることをおすすめします。

インストールが終了したら再起動をします。

RestartでもPower Offを選択してください。

再起動すると自分の設定したユーザーが表示されます。ログインしてください。

この画面になったら完了です。あとは個々で色々設定しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

Fedoraは私の一押しです。是非インストールしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)