スポンサーリンク

TorNetwork と TorBrowser 匿名化システム

皆さんは世界全体の何%のwebサイトにアクセスできますか?

ディープとダークウェブ

googleなどの通常のブラウザエンジンでは全体の1%。玉ねぎの皮一枚にしかアクセスできません。世界には法律をかいくぐっている違法サイトが異常なほどありません。そう言ったサイトや例えばgoogle Driveなどの個人情報などのページが残りの99%です。

そう言った99%のサイトをディープウェブと呼び、その中でも特殊な方法でアクセスできるサイトがダークウェブと呼ばれます。

ダークウェブのおよそ60%が違法サイトと言われています。もともとダークウェブはそう言った違法サイトのためにあるわけではなく「秘匿ネットワーク」とういう位置づけでした。

ただ、「ダークウェブ=違法」という認識が多いのも事実です。

ちょっと見学

ちょっとだけダークウェブ(違法サイト)をのぞいてみましょう。

上からパスポート、大麻、銃の販売サイトです。
もちろん買ったら税関で没収されてお巡りさんが遊びに来ますよ。

秘匿ネット

こう言ったダークウェブにアクセスするためには通常のブラウザではできません。
専用のブラウザ等を用いてTorネットにアクセスし、接続を秘匿化する必要があります。

Torネットは世界中の専用サーバーを経由してwebサーバーと通信します。専用サーバーはログなどを一切残さない設定になっており、結局どこからアクセスしたのかが特定されにくくなっています。それがダークウェブ上の違法サイトでの取引が取り締まれない理由の一つです。

実は完璧でない

秘匿ネットワークであると言って来ましたが、最近では政府機関が解読に成功しており、監視しているとも言われています。

また、普段のネットサーフィンでTorネットを使うことは全くお勧めできません。というか、まず使い必要性がありません。サーバーを複数経由するため、非常に遅くなってしまいます。

Torネットを使ってみたい?

やめておけ。筆者は一応そう言っておきます。ただ、ネットの世界は自由である!とも言っておきましょう。日本語の情報も少なからずあるので、是非自己責任でどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)