スポンサーリンク

WordPressの全てをバックアップーBackWPupを使ってー

せっかく作ってきたホームページがちょっとした設定ミスで全部消えてしまうなんて考えたくないですよね?
そこで今回はhermemoで実際に導入しているバックアップ用のプラグインを紹介します。

BackWPupの特徴

  • 高度な時間指定が可能
  • 様々な方法でバックアップが可能
  • 問題発生時にメールで伝えてくれる

BackWPupの導入

導入方法は他のプラグインとなんら変わりません。

 

BackWPupと検索するとおそらく一番上にくると思います。上記のアイコンのプラグインです。インストールし、有効化してください。

ジョブの作成

スケジュールされたバックアップ作業のことをジョブといい、ジョブを作成することでバックアップを行えます。

ジョブの新規作成

新規作成をクリックし、ジョブを作成します。

ジョブの設定

5種類のファイルをバックアップすることができます。どれをバックアップするべきかは人によって異なると思いますが、基本はそのままで構わないでしょう。

ちなみに、WPは主に二つのデータ群から構成されています。
データベースとSQLです。この二つをしっかりバックアップすればデーターが失われても復元することが可能です。

DropBoxにバックアップ

”DropBoxにバックアップ”にチェックを入れます。

その後スケジューリングを行います。今回は毎週日曜日に実行されるように設定しました。

その後、タブのメニューからDropBoxの設定画面を開き、認証を行います。赤枠の部分をクリックし、

 

ログインしていない場合はログイン画面が出ますが、ログインすると上記のような画面が出ます。許可をすることで、下記のような画面に変わり、文字列が生成されるので、前の画面に戻り、入力します。これで認証完了です。

これだけで、バックアップの設定が完了しました。すぐにジョブを実行することも可能なので、心配な場合は実行しておきましょう。

FTPでバックアップ

FTPの設定は個々で変わってくるので、今回は詳細には説明しません。サーバーやユーザー名、パスワードを入力するだけで、FTPでバックアップを行えます。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)