hermemo-エルメモ-

情報の神の備忘録

巷で話題のRYZENはIntel cpuを超えるのか?比較してみた!

time 2017/03/03

巷で話題のRYZENはIntel cpuを超えるのか?比較してみた!

2017年2月の中旬にAMDから発表されたRYZEN。IntelのCPUと同等ないしそれ以上の性能を誇ります。そんなCPUが3月3日に発売されます。

sponsored link

”これまで”と”これから”のAMD CPU

これまで、AMDのCPUは内臓のグラフィックチップが高性能で安価である。そういった特徴しかなく、発熱がひどく万人向けのCPUではありませんでした。性能もIntelのものに比べ劣っており、AMD を選ぶ理由はほとんどありませんでした。

その証拠にIntelのシェア率は約80%でした。

しかし、それは今回発表されたRYZENが開発段階であったからだと推測できます。RYZENは実に4年の歳月をかけて開発されました。その4年間でCPUをはじめとしてマザーボードやチップセットなどパソコンに必要なパーツの多くを新たにデザインし直しました。

4年間でIntelに独占されてしまったシェア率をこれから取り返していくでしょう。Intelはこれに対抗する手段を持っているのでしょうか?

否!おそらく当分は無理でしょう。Intelは確かにCPU性能は高性能です。ただ、価格が高くAMDと比べると同スペックで倍近くします。

また、一番の問題はグラフィックチップです。Intelは自社で製作しておらず、アーキテクスチャをnvidiaに提供してもらっています。そのため、CPU内でグラフィックチップの占める面積が広く、高性能かを測れないのです。(Intelはnvidiaの買収も検討しているようです。)

今後は”Intel 入ってる!”ではなく”RYZEN 入ってる!”に切り替わっていくかもしれません。

性能比較

CPU の性能比較は少し難しいが、一つだけ分かることがあります。それはRYZENはスペックが高すぎて現在多く流通している中で最新のモデルintel core i7 7700Kなんかと比較するべきてはないと言うことです。

そこで、もう一つ。一つ前のモデルではあるが、RYZENのスペックに近いものを用意した。いちばん右端のi7 6900K。これがRYZENとほぼ同じ程度のスペックです。

そこで注目して欲しいのが価格です。そうです。圧倒的にRYZENの方が安価です。ちなみに、IntelはRYZENの登場に焦り多くのモデルで価格を大きく下げました。表示しているのは下げた後の価格で()の中がそれ以前の価格です。

Intelは潰れるのか?

ここまでRYZENを褒めちぎってきました。そのくらい革新的です。価格が圧倒的に安いにもかかわらずスペックはハイエンド。

ではIntelは潰れるのでしょうか?
まず、ありませんね。確かにRYZENは低コストでかなり高いスペックを販売しています。しかし、Intelにはそれよりも高性能なXeonをはじめとしたCPUが存在します。企業やサーバー向けCPUのシェアはまだIntelが握るでしょう。

ただ、この調子でAMDがサーバー用CPUを開発すると。。。

RYZEN 3, 5

intelにはcore i7, i5, i3と分かりやすく段階化されたモデルがあります。AMDもそれを取り入れ、今後RYZEN3, RYZEN5 を発売していくそうです。

最後に

これまで、Intelの独占場であったCPU市場。停滞していたCPU業界もこれからは激しくなりそうです。今後、パソコンの買い替えの際はRYZENも検討してみましょう!

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

sponsered link




2017年11月
« 10月  
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930