スポンサーリンク

crontabの基本で全てな書き方:[-r]には気をつけろ!

Linuxでサーバーを構築したりするときに覚えておいたら良いcrontabの書き方を2通り紹介します。

crontabの編集

crontabコマンドを使って編集

最も基本的なやり方で簡単に編集できます。

書式)

crontab [option]

 
-ecrontabnの編集を行います。基本はvimが起動します。
-l(Lの小文字)crontab の内容をコマンドライン上に表示します。
-rcrontab のファイルを警告なしに削除します。(一瞬ですべての項目が吹っ飛ぶので間違って入力しないように注意しましょう
-u [username][username]のcrontabを指定します。スーパーユーザ[root]のみ実行できます。

crontabに直接記入

設定ファイルに直接書き込む方法もあります。

多くの場合[/etc/crontab]が設定ファイルだと思われます。ただ、OSごとに若干場所が違う場合があるので注意が必要です。また、root権限が必要です。

例)

 

曜日・日付・時間指定で実行

例)毎週木曜日の12時30分に再起動

書式)

[分] [時] [日] [月] [曜日] 実行コマンド

各値の変域 
0 ~ 59
0 ~ 23
1 ~ 31
1 ~ 12
曜日0 ~ 7

日曜日 = 0
月曜日 = 1
火曜日 = 2
水曜日 = 3
木曜日 = 4
金曜日 = 5
土曜日 = 6

*ワイルドカード

ワイルドカードの使い方

[*]で表されるワイルドカードは項目と特に指定しない、ないしすべての値を指定すると取って良い。

例)毎時00分

 

システムの動作で実行

例)起動時にカレントディレクトリにログファイル[logfile.txt]を出力

書式

[キーワード]  [実行コマンド]

キーワード(一部)
@reboot起動時に実行
@yearly1年毎に実行(1月1日0時0分)
@monthly1ヶ月毎に実行(毎月1日0時0分)
@weekly毎週実行(毎週日曜日0時0分)
@hourly毎時間実行(毎時0分)
@daily毎日実行(毎日0時0分)
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)