BackWPupでWPを完全にバックアップ

用意するもの

BackWPupを使ってWordPressをバックアップするためには2つのものが必要です。

  1. プラグイン(BackWPup)
  2. バックアップ用サーバー

バックアップ先としては

  • フォルダ
  • メール
  • FTP
  • DropBox
  • S3
  • Azure
  • Rackspace
  • SugarSync

が利用できます。

WPの構造

バックアップをする前に一つだけ知っておく必要があります。WPの構造です。WPは大きく分けて2つのデータ群から成り立っており、両方をバックアップしておく必要があります。一つはWPのデータ本体。FTPなどでサーバに接続すれば確認できる情報です。もう一つはデータベース。WPの記事の情報や構造などを保存しています。これらをバックアップすることで完全に復元することができるようになります。

ジョブを作る

BackWPupプラグインをインストールし、有効化すると、メニューに「BackWPup」が追加されます。

そこからジョブを作成し、実行することでバックアップを行います。

ジョブを作るためには「新規ジョブを追加」を選択しましょう。

いくつかの項目を設定します。すべての項目を設定したほうが良いですが、今回は最低限の設定項目のみ紹介します。なお、バックアップ方法はFTPで設定します。

まず、ジョブでバックアップするファイルを選択します。Hermemoでは四項目をバックアップしています。

バックアップファイルの保存方法を選択します。複数選択することもできます。今回はFTPにバックアップを選択します。

上のメニューから「スケジュール」を選択します。手動でバックアップだと、定期的にする必要があるため面倒です。今回は「WordPressのcron」を使って自動で定期的にバックアップします。

スケジューラを適当に設定するします。

基本は毎日早朝にすると良いでしょう。時間帯として早朝を設定する理由としてはアクセスが少ないと思われる時間だからです。バックアップファイルはそれなりの大きさが有り、サーバーに多少の負荷がかかります。閲覧者に迷惑をかけないよう時間帯を設定しましょう。

DBバックアップについてです。

特に変更はありません。ファイルを圧縮したい人は設定しておきましょう。

以降「ファイル」「プラグイン」「DBチェック」も特に変更しなくて問題ありません。

FTPの宛先を設定します。他の保存方法を選んだ人は個別で設定してください。

FTPの場合はサーバーの場所、ユーザー名、パスワードが絶対に必要です。

ファイルを格納するフォルダは必要であれば設定してください。

実行

それでは実行しましょう。左のメニューから「ジョブ」を選択すると、すべてのジョブが表示されます。カーソルを合わせると「今すぐ実行」は表示されるので、クリックしてみましょう。するとバックアップが始まります。

スケジュールを設定した人はクリックしなくても時間になると自動で開始されますが、確認のため、一度手動でしておくことをおすすめします。

バックアップ中はブラウザを閉じないようにしましょう。容量が多くない場合は数十秒。多くても数分で終わると思います。

 

WordPress

Posted by Sunaipu