hermemo-エルメモ-

情報の神の備忘録

RaspberryPi3 でファイルの作成,変更,削除が出来なかった話

time 2018/01/29

RaspberryPi3 でファイルの作成,変更,削除が出来なかった話

RaspberryPi3でとあるサーバーを構築していました。久しぶりにサーバーをいじって再起動すると不思議も不思議、設定を変更する前に戻っています。
結論を言いますとOS自体には問題はありませんでした。MicroSDにライトプロテクトがかかっていました。今回はそんな話です。

sponsored link

症状

読み込みは全く問題がありません。これが原因の特定を遅くした理由の1つです。読み込み出来ていなければMicroSDをすぐに疑うでしょうが、読み込めてしまうのです。

ファイルを作成、変更、削除出来ません。その場では書き込みできているように表示されます。ただし、再起動すると綺麗サッパリもとに戻ってしますのです。

SSHなどで入っても関係がなく、権限も関係がありません。

ライトプロテクトとは

結局ライトプロテクトと呼ばれる保護が働いていることがわかりました。これはMicroSD が書き込み制限に達したり、破損等した場合に中のデータを保護するため、書き込みの一切を禁止する処置のようです。解除の方法はありません。新たに購入するか交換しましょう。

今回の製品


TeamGropの提供するMicro SDHC/SDXC UHS-1 COLOR CARDシリーズ の128GBです。

とりあえず連絡

10年保証ですが、保証に当てはまるのわからなかったので、TeamGropに電話で問い合わせてみました。現状ライトプロテクトがかかっていると説明すると、問題ないからとりあえず送ってくれたら確認して、新品と交換するとのこと。

なので、データのバックアップをddコマンドでまるごと取り、ゆうパック、着払いで送りました。

帰ってきたMicroSD

一週間以内に帰ってきました。

ゆうパックで帰ってきました。

なんだかんでいろいろはいっていましたが、新品のMicroSDカードが入っていましたので、これで一安心。

後はバックアップから復元して、使用してみます。問題なく動作しました。

非常に迅速な対応で作業が止まっている時間が非常に短くてすみました。

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link