hermemo-エルメモ-

MicrosoftのOfiiceインテリジェントサービス「PowerPoint デザイナー」の有効な使い道を考えてみた話

time 2018/03/15

MicrosoftのOfiiceインテリジェントサービス「PowerPoint デザイナー」の有効な使い道を考えてみた話

sponsored link

はじめに

Officeインテリジェントサービスとは…[Microsoftホームページより]

インテリジェント サービスは Office アプリにクラウドの機能を提供し、ユーザーの時間の節約と結果の向上に役立ちます。これらの機能を使うと、Word や Outlook でいっそう優れた文書を作成し、PowerPoint で動的なプレゼンテーションを提供できます。これらのサービスを提供するためには、Microsoft は記述コンテンツや視覚コンテンツを安全に収集できる必要があります。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかを確認してください

詳しくは以下からOfficeインテリジェントサービスの概要について知ることが出来ます。

https://support.office.com/ja-jp/article/インテリジェント-サービスとは-e69ee5f5-d510-4c2c-aee3-d5410a353049

 

実際に使ってみる

真っ白なタイトルスライドを[デザイン]>[デザインアイデア]より開くと、8パターンの自動生成されたアイデアを右端から選択することが出来ます。

そのうち一つを有効にしたもの

これだけでも素晴らしい機能なのですが、ほかにも写真の挿入や図の自動生成などの便利な機能もあるようです。

 

使い方の例

いくつかの使い道を以下にまとめてみました。

2枚の画像をタイトルとともに並べたり…

手順を書いたものを見やすく並べたり

サイクルを自動で作成したり

様々なデザインを手軽に作ることが出来ます。

 

最後に

この機能を使うと資料作成にかける時間が大幅に削減されるのではないでしょうか。

またこの機能以外にもインテリジェントサービスの中には文書作成においてスペルミスだけでなく分かりやすい同義語に置き換えてくれる「エディター」サービスもあります。

筆者もこのサービスを利用して、資料作成にかける時間を大いに時間を削減することが出来ました。

ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

 

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link