RaspberryPi Zero WH を始めるために買うもの

RaspberryPiはカードサイズとフリスクサイズに分類できます。カードサイズの場合は前回の記事のようなものを購入すればよく、割と始めやすいのですが、フリスクサイズの場合は少し変わったものが必要になります。

フリスクサイズのRaspberryPi

RaspberryPi Zero, Zero W, ZeroWH の三種類がフリスクサイズのRaspberryPiです。これらには通常のHDMI端子やUSBポートが装備されていません。機能に関しても若干の違いがあります。

Zero Zero W Zero WH
価格(参考) 700円 1300円 1800円
メモリ 512MB 512MB 512MB
CPU 1GHz 1GHz 1GHz
USB MicroUSB 1口 MicroUSB 1口 MicroUSB 1口
LAN なし 無線のみ 無線のみ
映像出力 miniHDMI miniHDMI miniHDMI

特徴

フリスクサイズのZeroシリーズはメモリ、CPUともにカードサイズのRaspberryPiより低性能です。有線LANもありません。一部のモデルでは無線LANに対応しています。
そして何よりUSB Type-A が搭載されていないので、ほとんどの機器を繋ぐ場合はMicroUSB Type-B を USB Type-Aに変換する端子が必要になります。これはminiHDMIとHDMIにも言えることです。

もちろん良い点も多々あります。コストがかなり抑えられています。現行最高モデルでも2000円以下で購入できます。
消費電力がとても少ないので、スマホなどを充電しているケーブルで動作します。しかも、通常のモバイルバッテリーで動作します。(外部機器などで消費電力が多い場合は不可)

買うもの

本体

まずは本体です。RaspberryPi Zero とZero Wは基本的に一人一台だと思ってください。これらは大量生産することを前提として作られていません。そのため、多くのサイトで一人一台限りとされています。

Zero WHはIoT組み込みも想定して開発、生産されているのでサイトによっては大量に購入できます。

電源

消費電力は殆どの場合10W以下です。それであれば、USB-A to MicroUSB Type-BのケーブルとACアダプタがあれば動作します。モバイルバッテリでも動作するでしょう。

MicroSD

OSの書き込み、データの保存にはやはりMicroSDを用います。これも必須でしょう。

miniHDMI to HDMI変換器

映像出力が必要な場合は購入しましょう。もちろんMiniHDMIの入力端子のあるモニタをお持ちの方や、VGA, DVIなどの場合はそれぞれ対応してものが必要になります。

MicroUSB to Type-A変換器

Type-Aの機器をつなぎたい場合は変換器が必要になるでしょう。Type-Aが一口のものから数口にのものまで幅広くあります。Androidスマホ用のものが使えます。

ケース

必要であれば購入しましょう。

キットと言う選択肢

Raspberry Piの始め方でも言いましたが、キットと言う選択肢があります。これであれば、あまり考えずにRaspberryPiを始めれます。といってもスターターキットは種類が豊富ですが。

 

 

RaspberryPi

Posted by Sunaipu