hermemo-エルメモ-

minibird のメールをgmailと連携して受信する方法

time 2018/04/16

minibird のメールをgmailと連携して受信する方法

sponsored link

はじめに

minibirdにドメインを追加するとメールアドレスを追加できるようになります。今回はそのメールをgmailと連携して操作する方法を紹介します。

前提

前提として、デスクトップ向けのサイトでのみ設定できるようです。
モバイル版、アプリ版では設定できない場合があるので、ご注意ください。
モバイル版のページにアクセスしてしまった場合は、
メニューを開き、スクロールし、デスクトップ版に切り替えます。
この時、タブレットであればパソコン版が上手く表示されますが、スマホの場合、うまくいかない場合があります。
その時はPCから操作してください。

設定方法

設定画面を開く

デスクトップ版が開いたら、右上の歯車のマークからメニューを開き、設定をクリックします。
上部メニューから[アカウントとインポート]を選択します。
青色の部分に表示されているものが受信用。緑色の部分に表示されているものが送信用として設定されたアカウントです。
それぞれの[メールアドレスを追加] から追加することが出来ます。
ワンポイント:送信設定から行うと、続けて受信設定も行ってくれます。

必要な情報を確認

今回の設定ではminibirdのサーバー情報が必要になります。

必要な情報

  • POP/SMTP サーバーアドレス
  • ユーザー名
  • パスワード

ここからnetowlのログインページに移動し、minibirdの情報を確認しましょう。

サーバー管理ツールに入り

ドメインを選択。

そのドメインで作成されているメールアドレスの一覧とサーバー情報が表示されます。
これを使って設定をしてきます。

設定

今回は送信設定から行い。受信設定も続けて行いたいと思います。
[メールアカウントを追加]をクリックすると、以下のような画面になります。
送信に使用したいメールアドレスを入力します。
Gmailifyとリンクすることができる場合もありますが、今回は出来ないので、POP3を用いてメールを取り扱います。
メールを送信するためのサーバー情報を入力してきます。
その他オプションとして4つありますが、今回は以下の通りにします。
送信用の追加が完了しました。続けてメールの受信設定も行います。
メールを送信した際に相手に表示される名前を設定します。
受信サーバーの情報を入力します。
確認コードがメールアドレスに送信されます。これはすでにメールの受信設定をしている人から教えてもらう必要があります。
以上で設定が出来たはずです。

最後に

今回はgmailとの連携でメールを受信しましたが、他のもアプリを使って受信する方法もあります。また機会があれば紹介させてもらいます。

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link