hermemo-エルメモ-

3.1.メニューの場所を理解 -Slackリファレンス

time 2018/05/03

3.1.メニューの場所を理解 -Slackリファレンス

sponsored link

目次

はじめに

今回はメニューの場所と役割を知りましょう。
デバイスによって多少異なります。
今回はタブレット(ipad 9.7inch), iPhoneで紹介します。
それ以外のデバイスでも大体同じ場所にあると思います。

メニューの種類

メニュー(画面)は大きく分けて5種類有ります。

・チャットエリア

最もメインなエリアです。チャットのログが表示され、自身が書き込みすることも可能です。

・チャンネル/DM選択メニュー

チャンネルと呼ばれる決まったテーマの部屋を選択、作成したり、ダイレクトメッセージ(直近の相手のみ)の相手を選択するメニューです。

・ワークスペース選択メニュー

複数のワークスペースに参加している場合にワークスペースを選択するメニューです。

・DM選択メニュー

DMの相手を選択するメニューです。

・設定メニュー

個人の設定やその他機能を選択するメニューです。

iPad

タブレット版のSlackを起動するとこのように表示されると思いおます。
右側に大きく開けている部分がチャットエリア。
左側のメニューがチャンネル/DM選択のエリア。
左側のメニューを1番のようにスワイプすると、ワークスペースの選択メニューが表示されます。
また、2番のように右側にスワイプすると、DM選択メニューが表示されます。
そして、3番をタップすると設定メニューが表示されます。

iPhone

モバイル端末のアプリは開くとチャットエリアが表示されます。
それを右へスワイプすることで、チャンネル/DM選択メニューにアクセスできます。
更に表示されたメニュ左右にスワイプします。
①右へ: ワークスペース選択メニュー
②左へ: DM選択メニュー
そして、画面右上のマークを選択することで、設定メニューにアクセスできます。

他のSlackReference

Slackリファレンス目次

前のSlackリファレンス

次のSlackリファレンス

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link