hermemo-エルメモ-

3.3 チャンネルとダイレクトメッセージ -Slackリファレンス

time 2018/05/05

3.3 チャンネルとダイレクトメッセージ -Slackリファレンス

sponsored link

目次

チャンネルとダイレクトメッセージを理解するとSlackを最低限利用することが出来ます。

チャンネルとは

チャンネルとはグループのようなものです。
各チャンネルは目的が設定されています。
#generalであれば全体的な情報交換, #randomであれば雑談が目的です。

チャンネルで発言

自分の参加しているチャンネルはここに表示されます。
チャンネルを選択すると、チャットエリアがチャンネルのものに変わり、発言することが出来ます。
チャンネルリストと作成
チャンネルを作成したい、参加したい場合は[+]を選択します。
ワークスペースに作成されたチャンネルはここ(①)から確認できます。
また、②を選択すると、新規でチャンネルを作成できます。
また、プライベートチャンネルについてはここからアクセスできます。
①チャンネルの種類
パブリックチャンネル
誰でも自由に参加することのできるチャンネル。チャンネル作成時点では作成者のみが自動参加し、他のユーザーはチャンネルリストまたは招待[#]で参加できます。
プライベートチャンネル
特定のユーザーのみが参加可能なチャンネルです。チャンネル作成時点では作成者のみが自動参加し、他のユーザーは招待[#]で参加できます。
②チャンネル名
アルファベット小文字のみスペースや”.(ピリオド)”は利用不可で22文字以下。
③目的
設定しなくも構いませんが、そのチャンネルがなんのためにあるのかを明確にするため、設定しておくと良いでしょう。
④作成

ダイレクトメッセージ

特定のユーザと1対1で会話する機能を示すことが多いですが、グループでもダイレクトメッセージを行えます。
多くの場合、1対1の場合をダイレクトメッセージ、グループの場合をグループメッセージと呼びます。
ダイレクトメッセージ/グループメッセージはここに表示されます。
ダイレクトメッセージの相手を選択すると、チャットエリアが変更されます。そして、発言することが可能になります。
新規のダイレクトメッセージ/グループメッセージをするには「+」を選択します。
新しい会話を開始したい相手を選択して、開始を押すと会話が開始されます。
その際に複数のメンバーを選択すると、グループメッセージが作成されます。
ダイレクトメッセージはここにも時系列に沿って表示されます。
また、チャンネルなどに投稿された発言の発言者を選択することで、その相手に対してすぐにダイレクトメッセージを送ることも可能です。

他のSlackReference

Slackリファレンス目次

前のSlackリファレンス

sponsored link

down

コメントする




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)



sponsored link